借地権と、相続等の可否

私達が特定の権利を主張する時、それらのことに関して様々な知識が必要になることが亜あります。それに関して曖昧な知識を持っていても正しい対応ができず、間違った対応をしてしまうことがあります。特に、それが特別な時にしか考えないような事柄で遭った場合、特別にそう言えるでしょう。

『相続』という言葉を聞いて、皆さんもそのような立場かもしれません。相続という言葉の意味は知っていても、私達の人生において、その言葉に直接的に自分が関わってくる状況は、そうそうありません。そして、それが特殊な事例であればなおさらのことです。

例えば、私達は今何らかの住居に住んでいますが、この住居は必ずと言って良いほど、誰かの土地の上に建設されているものです。賃貸住宅で会っても個別住宅であっても、その土地は誰かから借りた土地であり、その土地に住居が建設されている状態となっています。そこで私達は、住居を借りる、という点で似た、『土地を借りる』という契約を結ばなければなりません。そこで必要になるのが『借地権』です。私達は特定の住居を建てるために土地を借りるとき、借地権契約を結ぶことになります。

権利は、通常私達自身のものであればどのようにでも扱うことができます。しかし、借地権のように、『借りている』状態なのであれば、どのようにすれば良いのでしょうか。借地権は、誰かに売ったり、相続させたり、譲渡させたりすることができるのでしょうか。