借地権の譲渡、売却

私達に関係のある、特定の権利に関しては、その権利を誰かに譲ったり売ったりすることができる場合があります。今回取り上げる『借地権』に関してもそうであり、借地権は、その権利自体を、誰かに譲渡、または売却、そして可能ならば相続をさせることができます。

そもそもなぜそのような必要性が発生するのか、それは借地権における契約の期間が、かなり長期間にわたるものであるからです。通常の借地権で契約を結んだ場合、契約後最初に定められた期間は20年であり、その後さらに10年の契約を結ぶこととなります。

それ以降も必要な場合は契約の更新が行われますが、契約を満了させて誰かに借地権を売却、譲渡することも可能です。その場合は、土地所有者の許可が必要となります。ただし、相続に関しては基本的に土地所有者の許可は必要ありません。と言っても、借地権だけを譲渡、または売却されても元の役割が失われていませんから、例えば住宅そのものを売却するのと同時に、借地権も移動となる場合があります。

この権利に関しては、トラブルが土地所有者と契約者の間で発生することがあります。そのような時に必要な教える事柄を説明でき環境について理解していることが必要です。