借地権の相続

特定の権利に関して、私達はそれらが永続しないと言うことを知っていますが、借地権に関してはその権利の期間が長いからこそ更新があり、その間に『相続される』可能性もあります。借地権は譲渡等を行う際には土地所有者の許可が必要となりますが、相続の場合は許可自体は必要ありません

ここで、そもそも借地権がどのような種類があり、どのような特徴を持っているかという点について考えてみましょう。借地権は、更新がある、という記述をしましたが、通常の借地権では、契約期間は、最初は20年となっており、その20年になったら更新、そして10年経過したらまた更新、というような、そのような段階で契約期間の30年を経過することとなります。この更新については、借りている側が支払いを行わないなどの正当な理由があれば契約を解約させることも可能です。

これに対して、更新自体が行えない借地権もあります。それが定期借地権です。定期借地権は契約期間が50年と決まっており、その期間を過ぎると土地を必ず変換しなければなりません。言ってしまえば、その契約満了後に住居などの建物が残っていても、それを取り壊すなどしなければならないのです。こちらには、建物買取請求権もありません。