旧法契約の借地権

法律は変わっていきます。十年前にはそれが常識として認識されていたことであっても、法改正によって既に常識ではなくなっていることがあります。そういった際には、私達の知っていることの方を入れ替えなければなりませんが、今回取り上げた借地権に関しても、もともとの『借地借家法』に、いくつかの問題点があったため、そういった部分も修正された現法へ改正されることとなりました。

借地借家法では、建物の分け方として『堅固建物』と『非堅固建物』という分類がありましたが新法ではその区分はなくなっています。また借地権の解約時の正当事由について、昔は解約することは難しかったのですが新法ではその点において土地所有者と契約者がよりフラットな関係に近付いた、と言えるでしょう。法律が改正されていくなかで、こういった点でプラスになっていきますから、より良いものとしてこれからも変わっていくことが願われます。

私達が普段あまり触れることのない借地権というものに触れてどのような乾燥を抱いたでしょうか。私達が住んでいるこの身の回りには私達が考えている以上に人と人とのつながりがあり、それを大切にしていくことで、様々な新しいことを理解することに繋がります。